2023.11.28

ファクタリングのおすすめ優良サービス10選|手数料や入金スピードなどの比較ポイントも紹介

目次

CLOSE

    ※本記事には広告を含みます。なお、内容が事実に反して優遇されることはありません。
    ※本記事は2023年11月28日時点の情報です。

    売掛金を買い取ってもらうことで素早く現金を手に入れられるファクタリング。世の中には数多くのファクタリング会社が存在するため、どの会社を使うべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

    そこで本記事では、おすすめのファクタリング会社とファクタリング会社を選ぶ際の比較ポイントを解説していきます。ファクタリング選びに迷っている方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

    おすすめのファクタリングサービス10選

    信頼性が高くおすすめのファクタリングサービスを10社厳選してご紹介します。

    1.QuQuMo(ククモ)

    QuQuMoは、最短2時間で資金調達ができるサービスです。手数料は1%からで、オンラインで完結し、金額上限なしで柔軟に対応してくれます。取引先への通知なしで、安心の2社間契約が可能です​​。

    QuQuMo(ククモ)

    2.トップ・マネジメント

    トップ・マネジメントは、創業13年の実績を誇る老舗のファクタリングサービスです。最大3億円までの買取限度額を提供し、最短即日で資金調達が可能です。手数料は3.5%から12.5%で、オンライン完結型のサービスを提供。さまざまな業種に対応しています​​。

    トップ・マネジメント

    3.ベストファクター

    ベストファクターは、手数料2%~、平均買取率92.2%を謳うファクタリング会社です。電話でのスピード診断に対応しており、買取可能かが5分でわかります。WEBからの24時間受付にも対応しており、オンライン完結での申込も可能です。

    ベストファクター

    4.ビートレーディング

    ビートレーディングは、最短5時間での資金調達が可能です。手数料は4%から12%で、クラウドサイン導入によるオンライン契約ができます。豊富な取引実績を持ち、受注時点での注文書ファクタリングにも対応しています​​。

    ビートレーディング

    5.日本中小企業金融サポート機構

    日本中小企業金融サポート機構は、中小企業向けのファクタリングに特化したサービスです。最低手数料は1.5%からで、即日振込が可能です。2社間ファクタリングで、売掛先の承認不要。柔軟な対応が特徴です​​。

    日本中小企業金融サポート機構

    6.PAYTODAY

    PAYTODAYは、AIファクタリングによる業界最低水準の手数料を提供するサービスです。最短30分での即日着金が可能で、取引先への通知が不要なのが魅力です​​。

    PAYTODAY

    7.labol(ラボル)

    labolは、最短60分入金という業界最速水準のサービスを提供します。手数料は一律10%であり、Web完結型での利用が可能です。少額からの資金調達にも対応しています​​。

    labol(ラボル)

    8.FREENANCE

    FREENANCEは、フリーランスに特化したファクタリングサービスです。最短30分で資金調達でき、手数料は3%から10%です。フリーランス口座や各種補償プランを提供している点が魅力です​​。

    FREENANCE

    9.日本ビジネスリンクス

    日本ビジネスリンクスは、最短即日で資金調達が可能なサービスです。買取限度額は1億円で、他社からの乗り換え契約に特典付与があるのが強みです​​。

    日本ビジネスリンクス

    10.ファクタリングのTRY

    ファクタリングのTRYは、真摯な対応が強みのファクタリングサービスです。業界最低水準の手数料や徹底した秘密主義など、顧客目線でのサービスを展開しています。

    ファクタリングのTRY

    ファクタリングを比較検討する際のポイント

    ファクタリングを検討する上では、以下のポイントを意識することが大切です。

    • 入金スピードの早さ
    • 手数料の低さ
    • 買取額限度額の範囲
    • ノンリコース契約の有無
    • オンライン完結の可否
    • 信頼性・実績
    • 複数社での見積もり

    急ぎで資金が必要な場合は入金スピード、なるべくコストを抑えたい場合は手数料というように、自社の状況に応じた比較基準を設け、各ファクタリングサービスを比較しましょう。ファクタリングの選び方について詳しく知りたい方は、「ファクタリング会社の選び方 | 特徴別おすすめサービスや選ぶ際の注意点を解説」も参考にしてください。

    ファクタリングの利用がおすすめな理由

    続いて、ファクタリングを利用することによる代表的なメリットを3つご紹介します。

    自社の業績に関係なく、即日の資金調達ができる

    ファクタリングは、自社の業績が不安定であっても即日の資金調達が可能です。通常、資金繰りは企業の業績に大きく影響されます。業績が良くない場合、銀行融資の獲得は困難になることが一般的です。

    しかし、ファクタリングでは売掛金を担保とするため、企業の信用状態や財務状況に関わらず、迅速な資金調達が可能になるのです。

    信用情報や担保が不要である

    担保が不要な点もファクタリングのメリットです。銀行融資を受けるには、通常、企業の信用情報の確認や担保の提供が必要です。これらが新規事業や中小企業にとって大きな障壁となることもあります。

    一方で、ファクタリングは売掛金の売却に過ぎないため、企業の信用情報や追加の担保が必要ありません。このため、新規事業や小規模な事業体でも利用しやすく、資金調達のハードルが低くなります。

    未回収リスクを負担する必要がない

    ファクタリングを利用すれば未回収リスクから逃れられるのも大きなメリットです。通常、企業は売掛金を回収する際に、支払いの遅延や不払いのリスクを常に抱えています。このリスクは、特に中小企業にとっては大きな問題です。

    ファクタリングを利用する場合、債権を買い取ったファクタリング会社がこれらのリスクを負担するため、企業は売掛金の不払いリスクから解放されます。これにより、企業はより安定した資金計画を立てやすくなり、リスクを回避できます。

    ファクタリングを利用する際の注意点

    ファクタリングを利用する際、押さえておくべき注意点も存在します。ここでは、注意点を具体的に3つご紹介します。

    手数料が高額な場合がある

    ファクタリングの利用には手数料が必要となりますが、この手数料はファクタリング会社や種類によって大きく異なります。一部のファクタリング業者では、高額な手数料を要求することもあります。

    企業がファクタリングを利用する際には、手数料の比較検討をしっかり行い、無理のない範囲で契約を結ぶことが重要です。また、手数料の内訳や計算方法を明確に理解し、予期せぬ高額なコストが発生しないように注意する必要があります。

    顧客に知られてしまう可能性がある

    ファクタリングを行うと、その事実が取引先に知られてしまう可能性があります。特に、3社間ファクタリングの場合、ファクタリング業者が取引先に直接連絡を取るため、その事実を知られてしまうでしょう。

    ファクタリングの利用を知られると、自社の財務上が不安定だと判断され、それがビジネス関係に影響を与える恐れがあります。こういった事態を防ぐには、2社間ファクタリングの利用を検討するなど、関係者への影響を最小限に抑える方法を選択すると良いでしょう。

    ファクタリングにかかる手数料はどれくらい?安く抑える方法や手数料が低めのサービスを紹介

    ファクタリングの悪徳業者が存在する

    ファクタリング会社の中には、不当な手数料を要求する悪徳業者も存在します。これらの業者に騙されると、高額な手数料を支払わされたり、適切なサービスを受けられないといった恐れがあります。

    信頼できる業者を選ぶためには、ファクタリング会社の評判や実績を事前に調査し、契約内容を丁寧に確認することが必要です。

    ファクタリングに関するQ&A

    ファクタリングに関するよくある質問を下記にまとめました。ファクタリングを利用する際は、事前に不明点を解消してから利用しましょう。

    ファクタリングと融資の違いは何?

    ファクタリングは売掛金の買取により資金を調達する方法です。一方、融資は金融機関が資金を貸し出し、後日返済が必要になります。ファクタリングは返済不要である点が大きな特徴です。

    ファクタリングは違法ですか?

    ファクタリング自体は合法的な資金調達手段です。しかし、契約内容が不透明であったり法律に反する場合、問題となる可能性があります。契約前に内容を確認することが重要です。

    業種・業態に関係なく、即日で利用できる?

    ファクタリングは業種や業態に関わらずあらゆる企業が利用できます。ただし、業者によって受け入れ条件が異なるため、事前に確認が必要です。即日資金調達の可否も業者によります。

    複数社でファクタリングを同時利用できるか?

    複数のファクタリング業者の同時利用は基本的に可能です。ただし、契約内容や業者の方針による制約がある場合があります。複数利用の際は契約条件を注意深く確認する必要があります。

    ファクタリングは通帳なしでもできますか?

    ファクタリングの手続きには通常、銀行口座が必要ですが、業者によっては通帳なしでも可能な場合があります。通帳の有無に関わる条件は業者ごとに異なるため、事前の確認が必須です。

    ファクタリングに必要な書類とは|申請の流れや書類が少ない会社を紹介

    まとめ:優良なファクタリングサービスを利用しよう

    本記事は、おすすめのファクタリング会社10選と比較のポイントや注意点を解説しました。今回紹介した10社はそれぞれが独自の特徴を持っています。ご自身の状況や資金調達の目的に合わせて、最適なファクタリングサービスを探してみてください。
    また、「Payなび」を使えば複数のファクタリング会社に無料で一括申し込みが可能です。調査や手続きの時間を短縮できるため、ファクタリングの利用を検討している方は、Payなびを利用してみてはいかがでしょうか。

    この記事を書いた人

    Payなび運営チーム

    安心・安全にファクタリングを活用するためのノウハウや実践的な情報を提供しています。ビジネスの成功と成長のための最適なサポートをご提供いたします。
    ファクタリング一括申請サービス「Payなび」

    オンラインで、1度に複数のファクタリング会社に審査の申込みを行い、手数料などの条件を見て自分に合ったファクタリング会社を選べる新しいサービスです。
    請求書(売掛金)を即日買取可能な業者多数登録!フリーランス(個人事業主)の方から中小企業様まで幅広く対応可能です。

    登録がまだ
    お済みでない方はこちら
    コラム一覧に戻る